<< 聞こえない声と想い     陽炎のたつ岸辺 >>