<< ここがその場所だから     蝉の声を聴くたびに >>