<< 蝉の声を聴くたびに     怖いのは誰でも >>