<< その手が見えなくて     透けた鏡の向こう >>