<< 明日がほしくて     跡形もなくして >>