<< 偽りとの境目     持ち主をなくした空間 >>