<< 声を忘れかけて     人生初の… >>