<< 人生初の…     薄れていくものを留めて >>