<< 薄れていくものを留めて     寂しい蝉は。 >>