<< 黙っているけど     消えた先に >>