<< 無責任だろう、それは     なんか幸せ >>