<< なんかあったのか?     どうしようもないけれど >>